キャバクラでお金を稼いで夢を叶える

キャバクラでお金を稼いで夢を叶える

キャバクラでバイトを始めたきっかけは人それぞれですが、夢を叶えるために働き始めた子も実はとっても多いんです。
今回は、キャバクラでお金を貯めて自分のお店を持った女の子をご紹介しちゃいます♪

都内在住20代前半Kさん

以前、キャバクラでバイトをしていたKさん
1年間キャバクラでバイトをし、総額で250万を貯めました。
3ヶ月間の準備期間を開けた後、念願だったネイルサロンをオープン。
今回はキャバクラでバイトをしていた時の話や、夢を叶えて生活がどう変わったのか、そしてこれからの新しい目標についてお話を聞いていきますね◎
取材スタッフM(以下省略):こんにちは!今日はよろしくお願いします。
夢を叶えたKさん(以下Kさん):はい、よろしくお願いします!

ご自身のお店を持たれたとのことですが、調子はどうでしょうか?
Kさん:自分でも驚きなんですが、すごく好調です。最初は以前バイト先だったキャバクラ仲間が沢山来てくれて、それからは口コミでお店を知ってくれた子が多いみたいで、毎日忙しくしています。

おめでとうございます!キャバ嬢の仲間は多いんですか?
Kさん:そうですね。バイトしていたのは1年くらいだったんですが、在籍していたお店がとても雰囲気のいい所だったので、女の子達はみんな友達みたいでした。

良いお店だったんですね。では早速ですが、キャバクラ時代はどんなふうに働いていたのでしょうか?
Kさん:はい。基本的には週に3日程度しかバイトをしていませんでした。

え、たったの3日?
Kさん:怠け者だったので…って、冗談です♪ネイルの学校にも同時期に通っていたので、学校のない土曜日と日曜日、そして稼ぎ時の金曜日だけ出勤していました!

自分の都合で働く日を決められるのが、キャバクラの良さですよね◎
Kさん:そうですね。実は、学校の授業料も働いたお金で払っていました♪

ぶっちゃけ、1ヶ月でどのくらい稼いでいたんでしょうか?
Kさん:えーと、たしかぁ…(ごそごそと手帳を取り出すKさん)
Kさん:はい。これがキャバクラ嬢時代の1ヶ月のバイト収支の詳細です!

キャバクラ時代の月収の詳細

キャバクラでバイトをしていた時の月収

わざわざ、用意してくれたんですか?
Kさん:いえいえ!目標をもって働くために、毎月バイト代の収支を計算していました♪

意識高い!!さすが、若いのにお店を持てるだけあります。
Kさん:そんなことはありませんよ。月20万円ずつしっかり貯金するためには、こうやって最初にこれだけ頑張ろうって決めておけば、頑張りすぎなくて済むんです。

頑張りすぎ?
Kさん:はい。キャバクラは頑張ったら、頑張った分だけお給料になります。
頑張るというのは、具体的にお客さんを呼ぶ営業だったりするんですが…。

つまり、時間を決めないでずっと働くこともできちゃうってことなんですね。
Kさん:そうなんです。私は1年間で250万円貯金するという目標をクリアできる範囲でしか頑張りませんでした(笑)

稼ごうと思えばもっと稼げたという意味ですね?
Kさん:そうです。私よりもバイトをいっぱい頑張って高いお給料をもらっている子はたくさんいました!

本当に夢みたいな話です♪さて、自分のお店を持って生活はどう変わりましたか?
Kさん:そうですね。やっぱり収入はキャバクラに比べてかなり下がりました。毎日お店を開けていなくちゃいけないから時間にも余裕はありません。でも、私の夢は≪女の子の指先に魔法を掛けてあげる≫ことだったので、それができている現在は、毎日とても幸せです。

とっても素敵(涙)私もお願いしたい!!
Kさん:いつでも大歓迎ですよ☆

では最後に、お店をオープンさせたKさんですが、今後の目標を聞いてもいいですか?
Kさん:はい!実はもう1店舗、新しいお店を持ちたいなって思っています。

新しいお店ですか。もしかして、またキャバクラで?
Kさん:はい、またキャバクラでバイトしてお金を貯める予定です。
今度は400万円くらい貯めて大きいお店をオープンさせたいです。

Kさんはこれからまた新しい夢に向かって羽ばたいていくんですね♪

本日は、貴重なお話をありがとうございました。
Kさん:こちらこそ、ありがとうございました!

◎最後に

キャバクラのバイトで夢を叶えることができる

今回はキャバクラのバイトでお金を貯めて夢を叶えた女の子Kさんに取材させていただきました。
世の中にはお金だけでは実現できない目標はいっぱいありますよね?
だからこそ、お金で解決できることはサクサク叶えてしまいましょう♪

キャバクラバイトは自分のライフスタイルを崩さずに、効率よく夢を実現するために必要な資金を貯めることができます。
サッサと稼いで、あなたの大事な夢に大切な時間を使ってあげてくださいね。

あわせて読みたい